貯金箱でめざせリッチ!

貯金箱

誰でも幼い頃に、貯金箱に硬貨をためた経験があるのではないでしょうか。日に日に重くなっていく貯金箱にワクワクしませんでしたか?ちょっと貯まると取り出し口から小銭を抜き取って、中々たまらない人もいたでしょう。貯金箱は、お金がたまっていくのを実感できるので、子供にとってはとても嬉しいものですね。大人になっても貯金箱でお金をためていくのは中々困難なものです。銀行に預け入れると数字としていくら貯まったのかがわかりますが、ちょきんバコでは、金額は数えなければわかりません。一体いくら貯まったのかが分からないからこそ、貯金箱にためていくのが楽しくもあり、また、喜びにもなるのではないでしょうか。

貯金箱って?

いつ、どんなものから貯金箱がうまれたのでしょうか。ちょきんバコのあれこれをちょっとだけ、探ってみましょう。


昔の貯金箱

室町時代までさかのぼってみましょう。その時代から現代までの移り変わりを紹介します。

日本と外国の貯金箱

日本と外国のちょきんバコに違いはあるのでしょうか。また、そのルーツも違うようですよ。

貯金箱の素材

これまで、どんなもので作られてきたのでしょうか。様々な素材で作られていて、色んな形のものがあります。あなたの持っているのはどんな素材ですか?

色んな貯金箱

最近では、様々なちょきんバコが登場してきています。どんなものがあるのでしょうか。


販促品の貯金箱

販売促進用として、様々なちょきんバコがあります。メーカーのキャラクターを模ったものは、プレミアがついているものまであり、大変人気があります。この場合は、ちょきんバコとして使うのではなく、コレクションとして集めている人が多いようですね。

変った貯金箱

最近では電池を使った、ちょっと変ったちょきんバコが大変人気が出てきています。動くもの、銀行の自動支払機のようなもの、ひところ一大ブームを巻き起こした、ペット育成ゲームのように、貯めた金額によって、キャラクターの生活が変っていくものなど様々です。

お金を貯めよう

ちょきんバコでお金をためようとしても、中々思うようにいかなくて、ついつい中から出して使ってしまうという人は多いですね。上手にお金を貯めていきましょう。


500円玉貯金

100円ショップなどで手軽に手に入る500円玉貯金箱。上手に貯めていく方法を紹介します。

お金を貯める

お金をためようとする人が最初におかす間違いは、勢いばかりが先に立ち、ついつい大きなちょきんバコを用意しがちです。最初は小さなものからはじめていきましょう。コツコツ貯めていく方法を紹介します。

貯金箱を作ろう

小学校低学年の自由研究で、ちょきんバコを作った人もいるでしょう。学校に提出したあとも実用的に使えますので、ありふれていると思わないで、ぜひ作ってみましょう。


工作で作る貯金箱

どんな材料を使って、どんなちょきんバコを作るのか、一緒に考えてみましょう。自分で作ると、ついつい開けて中のお金を使ってしまうということも起きないかもしれませんよ。

私のアイディア貯金箱コンクール

ゆうちょ銀行で主催している、手作り貯金箱のコンクールです。応募方法などを紹介します。


貯金箱って